英会話で国際的な活躍ができるジェントルマンに変身

英会話スクール

知っておくべき情報

アメリカ

TOEFLは、母国語を英語と人々の英語コミュニケーション能力を測るために、利用されるテストです。また、英語検定テストの中では世界の中で最も多くの国々で実施されているテストです。これまでに世界中の約3000万人以上がこの試験を受験しています。そして、9000以上の大学等の機関がこれを利用し、TOEFLのスコアが、留学、入学、推薦入学、奨学金、卒業の基準として採用されています。TOEFL対策として、まずは、試験方法からご紹介します。試験方法は、試験会場のパソコンからインターネットには接続せずにテストを受ける形式です。そして、長文読解問題でReading力を測る問題が60?100分、講義形式や会話形式のListening力を測る問題が60?90分、日常の内容の問いに口頭で回答しSpeaking力を測る問題が約20分、聞かれた問いに長文で回答する問題とエッセイを書く問題でWriting力を測る問題が約50分という、大きく4つの技能を総合的に測定する構成で、他の英語検定より試験時間が長時間なのも特徴です。

TOEFL対策のアドバイスですが、この試験では全てのセクションで、メモを取る事が許されています。TOEFL対策としてこれを活用しない手はありません。メモの活用はListening試験だけではなく、最後の長文の回答やエッセイを書く際に、いきなり書き出すのではなく、まずは大まかな構成をメモして、それを元に文章を作っていくと、まとまりのある文章になります。そして、TOEFLの特徴として試験が長丁場であるため、集中力と体力が求められます。合間の休憩時間に、トイレを済ませ、少し歩いたり、腕回しをしたりなど軽く体を動かしてリフレッシュをはかりましょう。これにより、眠気を覚まし、途切れた集中力を復活できるでしょう。また、食事を取る場合、食べ過ぎるとどうしても眠気をもよおしますので控えめに、小腹が空けばチョコレートがオススメです。チョコレートに含まれるGABAの効果でストレスを軽減しリフレッシュできます。TOEFL対策を参考に、万全の体制で挑んでください。

↑ PAGE TOP